12年10月27日 
     ポイント  一の根 ・ アンゴの浜    水温23℃ 晴れのち雨            

  朝から晴れてよい天気でしたが、お昼近くになって 雨がふりました。

  1本目は一の根にいけましたが、エキジットするときもう うねりと波が入ってきていて

  2本目以降はもう湾内になりました。

またまたいました

   ソメンヤドカリ

   お家にいろんなものを

   くっつけていますね。

   ちょっと動画で

   撮ってみました。
  クロホシイシモチ

   水深5〜10mにおおい。

   大きな群れをつくります。

   後頭部に1対の黒班がある。
 
   ホンソメワケベラ

   他の魚の体表の寄生虫を食べる

   クリーナーです。

   クリーニングステーションと呼ばれる

   特定の場所で掃除をするので有名。
   ガラスハゼ

   水深5〜35mに生息し

   ムチカラマツ類に着生し

   ペアでみられる。

   6本の横縞がある。
   イシダイ

  両顎の歯が嘴状で目立つ

  これで硬い貝類や

  甲殻類を噛み砕く。

  成長すると眼から口にかけて

  黒くなりクログチと呼ばれる。
  
   ミツボシクロスズメダイ

   サンゴの周りに群生し、危険を

   感じたときや夜間はサンゴの

   枝間に隠れる。

   黒い個体に斑点があることが

   特徴です。
1